数ある商品の中から選ぶ

天然と合成

妊娠サプリに含まれるものに葉酸がありますが、植物から抽出した天然と化学物質で作られた葉酸の二つがあります。厚生省が認定する妊娠サプリは合成の葉酸になり今のところ胎児への影響は報告されていませんが不安なら天然葉酸を飲みましょう。推奨されているとはいえ、妊娠サプリの中には有害化学物質が含まれている可能性があり油断はできません。男性側が服用する場合も、化学物質の影響で精子の質が落ちてしまうのでなるべく避けたいところです。そのような意味でも合成化学物質を使っていない天然葉酸の方が安心できます。一方、厚生労働省が推奨する400μgの量は吸収率の違いから800μgの摂取が好ましいとされています。天然葉酸の場合だとサプリに400μgがすでに配合されているため、妊娠に必要な栄養素を十分補えそうですが、実際は推奨されている半分以下の量しか摂れないことが多く他の食品で栄養素を補給することが重要になってきます。

安全が確立されている

妊娠サプリを選ぶ上で重要なのは製造過程で管理がしっかりされているか、商品の検査を受けているかです。第三者から検査を受けている妊娠サプリは一粒に入っている栄養素の配分バランスが絶妙でつわりや貧血の緩和、頭痛、赤ちゃんが授かれた等の効力も報告されています。葉酸サプリを選ぶ時は検査機関を突破しているかどうかしっかりと確認しましょう。

トータルサポートができる

妊娠サプリ一つで妊活中から妊娠中、授乳期まで対応できるのはとてもありがたいです。飲みたい時に合わせて購入する必要がないのでお金を無駄にすることもありません。授乳期は服用した妊娠サプリの栄養素が母乳にも行きわたるため、できれば安心安全なサプリを服用したいところですが、妊娠中や妊活関係なく飲める時点で安全はすでに確立されています。

残留農薬の有無

妊娠サプリに使われる様々な天然素材も、農薬が沢山かかれば品質が落ちてしまいます。妊活や妊娠中関係なく、残留農薬があると着床に問題が生じたり、子宮内の環境が悪化したりする恐れがあるので妊娠しにくくなります。妊娠サプリを購入する時はメーカーに残留農薬について確認を取りましょう。

妊娠サプリで元気な子供を

新着情報

広告募集中